<日本の童謡をアレンジ>なんて、
どのシャンルでやったって、全部ダッセエじゃん。

と、信じて疑わないアナタ(実はワタシもそうだったんですが)。

聴いてみて下さい。腰が抜けるので。

菊地成孔(音楽家/文筆家)
キヲク座 色あはせ 菊地成孔
キヲク座 色あはせ 山口とも
今時のCDは最後まで聞くと飽きてしまうのは私だけだろうか。
このアルバムは意表をついたアレンジの妙と、最後の音の処理にこだわり、各分野で活躍するエンジニアにとにかく制作費をかけたのがとても良くわかる。(笑)彼らの作品は決して売れ筋を狙った物ではなく、

音楽をこよなく愛す者の音への追求が最後まで気持ちよく体に入ってくる。

しかも日本人になじみのある楽曲。
選曲も選りすぐり!

全部生楽器、本当に音楽が好きな人に聞いてもらいたいと思う。

山口とも(パーカッショニスト/日本廃品打楽器協会会長)
キヲク座の「色あはせ」を聞く。
なんだろう、この透明感は。

そして、DNAに直接聴こえる“音”の刺さり。
昔からよく知っているような、いや、一度も聴いたことがないような、、
縁日と近未来な硝子の都市が交錯するような、、

まるで “耳が待っていた帯域” に
自然にスネークインする音

こんなすばらしい仕事をする人が日本にもいるなんて。
捨てたもんじゃない。

堤幸彦(演出家・映画監督)
キヲク座 色あはせ 堤幸彦
キヲク座 色あはせ 播磨みどり 
選曲、音の一つ一つ、発声の一語一語がものすごく丁寧に作り込まれていて、
大胆に遊んでいるようでいて、歌が歌い継がれてきた長い時間と歴史に対する敬意と、それに真正面から向き合う
瑞々しい緊張を感じました。

日本語の歌の新解釈と再構成を通して、日本(語)のいま、ここに向き合う事で生じた、
現在進行形の、経験としてとても新しい音楽。

播磨みどり (美術家)
童謡、唱歌のカバー・・・
僕の中にあったちょっとした不安は最初の一音でどこかへ消え去ってしまった。
懐かしいはずなのに驚くほど新鮮、

繊細で凝ったアレンジと‘声’が放つ心地よい緊張感はクセになりそうだ。
単純に‘日本の曲の可能性を再発見する’と言ったものとも違う

何か特別なものがこのアルバムには存在している。
さりげなく強烈な個性を持ったバンドが登場したことは間違いない、
出会えたことに感謝したい!

入山逸夫(ナディアパークプロモーションディレクター)
キヲク座 色あはせ コメント
キヲク座 色あはせ コメント 下尾仁
まず音楽についてたいした知識のない僕にコメントを求めたキヲク座石山ゑりさんのチャレンジ精神にカンパイ。

CDを聴いてみたらやはり詳しい事はわからない。
僕にわかることは、
透きとおるような綺麗な歌声
ずっと聴いていられる心地よさ。

音楽を聴いて癒されるとはまさにこのことでは・・・
心がざわついた時にはこのCDを聴き心を落ち着かせたいと思う一枚です。

下尾仁 (地方在住タレント)
Really like the vibe of it and how warm it sounds.
Really nice. Even though I don’t understand the lyrics.
O feel the emotion of the song very cleary.

ー その空気感やあたたかさがとても素晴らしい。
特に言葉はわからなくても
感情がはっきりと伝わってくるようだ。

George Tanderø
(ミックスエンジニア/プロデューサー)
georgetandero